論考

私と魔法少女と現代音楽 Ⅱ 辻田絢菜

私と魔法少女と現代音楽 Ⅱ 辻田絢菜 *この論考は2020年9月に公開した 「私と魔法少女と現代音楽」と関連付けてお読みいただけます。 自分らしさとは  特に…

論考

音の声、声の音 桑原ゆう

音の声、声の音 桑原ゆう Ⅰ.詩的で根源的な「何か」  「私はいつも、自信がありません。」第31回芥川也寸志サントリー作曲賞受賞直後に、壇上で口にしたひと言が…

論考

こわれた家具の音楽 灰街令

わたしは2021年現在、国立音楽大学大学院の博士課程に在籍し、そこで作曲を学びつつ灰街令の名義でライブ・演奏会活動やインターネット上での楽曲の公開を行っている。ポップミュージックから現代音楽までさまざまなジャンルにわたる作曲活動を展開しているが、自身の作品の中で最も重要なものと位置付けているのは「こわれた家具」と名付けられた作品群である。

論考

Styles and Ideas 樋口鉄平

Paik:差し支えなければ、あなたが作曲するとき、記譜notationについて、或いは音について、どちらを最初に考えるか教えてもらえますか? Cage:はい……双方は分離不可能な実体です……私はこれらを隔てることができません。